×
検索
EveryPerson.com
人生について、神について
 安心して質問できる場所
関係

セックス 一体感を求めて

互いに愛し合う関係を築くにはどうしたら良いのでしょう。恋愛関係で真の「一体感」を体験するには…

LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More PDF

ディック・プルーデル著

ヘンリー・ブラント博士は『カレッジエイト・チャレンジ』の誌面で、カウンセリングに訪れた複数のカップルが話した、ある傾向について言及しています。「初めてセックスしたときは、興奮しました。でも、そのうちセックスをする自分に違和感を覚え、相手にもバツの悪い感情を抱くようになりました。次第に、2人の間に口論が絶えなくなり、結局別れてしまいました。今では、もう犬猿の仲です。」

この症状を私は「二日酔い症候群」と呼んでいます。朝、目覚めると、昨夜の親しさはすでにありません。セックスには、もはや満足できません。最初のセックスへの期待が、まったく持てなくなったことに気がつくのです。

その理由は、自己中心な2人がそれぞれ自分の満足を求めからです。純真の愛と親しさは「瞬時」に得られるものではありません。自分自身は不安定なのに、2人の関係が親しくなることを求めるからです。

親しさとは肉体以上のもの

私たちの人生には、重要な5つの要素があります。肉体的要素、感情的要素、精神的要素、社会的な要素、そして霊的要素です。この5つの要素は、互いに調和しながら機能するように、デザインされています。

恋人同士は、一体感を今すぐにほしいと思うものです。「瞬時」に満足を求めることです。一体感も「瞬時」に得たいと願うのです。

肉体、精神、社会性、感情、霊性のうち、手取り早く一体感を得られるのは、どの要素でしょう。答えは肉体的要素です。肉体は、他のどの要素よりも手早く、一体感を感じるものです。異性と肉体的に一つとなるのには1時間、30分で十分可能です。しかし、セックスは表面的な欲望をただ一時的に満たしているに過ぎないと、気がつくのです。心の奥にある他の渇望は、まだ十分に満たされてはいません。

興味津々のレベルを通り越すと、セックスをするほどに、むなしさを覚えるようになります。「私たちは愛し合っている。本当に彼女を愛しているんだ」と、口では正当化します。しかし心では罪悪感や、満たされない自分に気がつくのです。全米各地の大学で、多くの大学生と話してわかったことは、「今度こそはうまくいく」「次は結婚相手に出会えるはずだ」と自分に言い聞かせて、次々とパートナーを変える大学生がいかに多いのかです。

私たちが本当に求めているのは、セックスではありません。私たちに必要なのは、「親密な関係」です。今日「親密な関係」と聞くと、性的な関係と結びつけて考えます。しかし「親密さ」とは性的関係以上のものです。「親密さ」は人生の多くの領域に及びます。確かに肉体的な「親密さ」も大切です。それと同時に、社会的側面、精神的、霊的側面でも「親密さ」が必要なのです。「親密さ」とは、私たちの全生涯を共有することです。皆さんも、この人と「感情的に親しくなりたい」「一つになりたい」「人生のすべてを共有したい」と今までに願ったことが、1度はあることでしょう。

愛されることを、ためらっていませんか?

マーシャル・ホッジはその著書『あなたが抱く愛への恐れ』でこう語っています。
「私たちは愛や親しさ、優しさが表現されることを待ち望んでいます。しかし実際、愛を伝えられると、躊躇するのです。親しくなることをためらいます。愛することを恐れるのです。」

ホッジはその著書の後半でこう語ります。「人と親しくなれば、傷つく可能性も当然、高まります。」 私たちは傷つくことを恐れて、親しい関係がもてないのです。

私がイリノイ州のある大学で講演したときのことです。ある女性が講演のあと、私のところに来てこう言いました。「彼氏との問題について話したいのですが…。」

私たちはその場に座り、話しはじめました。「もうだれからも傷つきたくないんです。」

「ということは、もうだれも愛さないと決心したんですね。」私はこう尋ねました。

「そうではありません。私はただ傷つきたくないだけです。このような痛みはもう経験したくない。」 私は答えました。「それなら、あなたはもう、だれも愛することはできません。」

おわかりでしょうか。この世に「痛みの伴わない愛」は存在しません。だれかに近づけば、傷つく可能性も大きくなります。

だれもが、今まで1度は恋愛で傷ついた経験があるはずです。大切なのは、失恋の傷にどう対処するかです。私たちの多くが心の傷を隠すため「ダブルサイン」と呼ばれる行動をとります。

「もっと私に近くに来てほしい。もっとあなたを愛したいし、私のことも愛してほしい。でもちょっと待ってほしい…。以前、恋愛で傷つけられた経験があるんだ。だから恋愛について話したくない。この話はもうやめよう。」

「ダブルサイン」の心理から、心に壁をはり巡らし、外部から侵入しようとする人を締め出します。この心の壁が人々を締め出すと同時に、自分自身も壁の内側に閉じ込めます。結果、孤独に陥り、親しい愛の関係を築くことができなくなります。

愛とは何でしょう?

愛とは感情以上のものです。良い気分…それ以上のものが愛です。しかし現代、愛やセックス、親しい関係は、単なる感情や感覚になっています。神は愛について聖書の中でくわしく語っています。特にコリント人への手紙第一13章では、愛について詳細に描かれています※1。神が語る愛の定義を味わうために、4節から7節までを、次のように書き変えて、ご紹介します。聖書が語る愛で愛されるならば、どれほど私たちの心の必要が満たされることでしょう。

・もし相手が寛容と親切をもって、ねたむことなく、あなたの愛に応えてくれたのなら…
・相手が自慢せず、高慢でなかったのなら…
・礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、容易にいらだつことがなかったのなら…
・その人が、あなたがした悪に心に留めることがなかったのなら…
・不正を喜ばず、真理を喜ぶ人であったなら…
・あなたを守り、あなたを信じ、あなたに期待し、あなたのすべてを耐え忍んだのならば…

これが神による愛の定義です。私たちにこの愛を体験してほしいと、神は願っています。この種の愛は「相手」中心の愛です。求める愛ではなく、与える愛です。このような愛を、だれが与えてくれるのでしょうか。

まず私たちが愛を感じる必要があります

このような愛を体験するのに、まず私たちが神の愛を体験する必要があります。自分が愛される体験がないのに、他の人に愛を表すことはできません。あなたのすべてを知る神が、その完全な愛であなたを愛しています。

預言者エレミヤを通して、神はこう語っています。「永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに、真実の愛を尽くし続けた。」※2

あなたへの神の愛は、決して変わることがありません。神は私たちを愛しました。その愛のゆえに、神は私たちの罪をゆるすため、イエス・キリストを身代わりに十字架につけ、死刑にしたのです。

「神は、実に、そのひとり子(イエス)をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」※3

私たちが神のもとに行き、神のゆるしを受け取るとき、私たちは神の愛を体験するようになるのです。

聖書にはこう語ります。「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。」※4

神は罪をゆるすだけではありません。神は私たちの罪を一切忘れ、私たちをきよめるのです。

この愛で愛されるとは…

私たちがどんな状態でも、神の愛は変わりません。重大な事故や経済的損失など、状況が変われば、人間関係は壊れてしまうこともあります。しかし神の愛は、あなたの外見や、あなたがどういう人か、何をしたかによって、変わるものではないのです。

神の愛は、この世界がいう愛とはまったく異なります。この愛に基づく関係がどのようなものか想像できますか。神の愛とゆるしは、私たちがただ神に求めるならば、与えられるのです。神から私たちへの「贈り物」です。この「贈り物」を拒むこともできます。しかし拒むなら、真の充実感、親しい関係や人生の目的も失うことになります。

神の愛がすべてに解答を与えます。私たちはただ信仰をもって、応答すれば良いのです。聖書はイエスについてこう語ります。「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとなる特権をお与えになった。」※5

神は、ひとり子イエスを遣わし、私たちの身代わりに死に渡しました。イエスは三日目に死からよみがえりました。イエスは今日も生きており、神の愛を私たちに注ぎたいと願っています。このイエスを信じるならば、神とあなたとの関係を始まります。あなたの人生に驚くべき変化が起こります。

聖書にはこう書かれています。「御子を信じる者は永遠のいのちを持っているが、御子に聞き従わない者はいのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。」※6

神が望んでいることは、私たちが永遠のいのちを持つことです。しかし私たちが神を拒むなら、罪の結果として「死」を選ぶことになります。この「死」とは、永遠に神から引き離されることです。

イエス・キリストを受け入れると、人生にバランスが与えられます。イエスを信じ、イエスをあなたの人生に招くのです。神への信仰が、神のゆるしを解き放ちます。もう罪を隠す必要はありません。自分勝手な道を進む必要もないのです。イエスがあなたと一緒にいます。イエスにあって平安を得ることができます。

イエスを信じると、イエスがあなたのうちに住み、あなたの人生を一緒に歩むようになります。イエスとの親しい関係が始まります。神のゆるしが心の罪をきよめます。今までの自己中心な人生がゆるされます。心の問題や葛藤からも解放されます。

神のセックスに対する態度は、明白です。神は、セックスを結婚まで待つように語っています。結婚関係の中で、セックスは初めて祝福となるのです。神はいじわるを言っているのではありません。神は私たちの心を守りたいのです。神は結婚に備えて、あなたの人生を守りたいのです。結婚における夫婦の「一体感」は、神の愛と知恵による守りに基礎を置いています。

愛されているという感覚から一体感が生まれる

イエス・キリストを信じると、神は日々新たに、愛と力を注いでくれます。イエスとの関係の中で、2人が求めていた真の「一体感」を体験できるのです。神が与える愛は、いつまでも変わらない愛です。神の愛は尽きることがありません。神の愛が2人を一つにします。イエスを真ん中に、夫婦は一つにされるのです。

恋愛関係を通して、私たちは成長します。恋愛は神との関係を深めるとともに、社会的にも、精神・感情面でも成長します。2人が正直で、互いにいたわり合う、親しい関係を築くことができます。充実した、ワクワクする2人の関係となるのです。恋愛関係が発展して結婚するとき、セックスが恋愛関係で築いた信頼関係の基礎を強固にするのです。

神に愛されていると知るとき、私たちは純粋な思いで、人を愛することができるのです。感情面でも豊かになります。嫉妬や苦々しさ、不誠実さからも解放されます。恋愛が遊びではなく、誠実に向き合う関係になります。相手をゆるす関係に成長します。神の愛を体験すると、人との関係も変わります。

あなたも、この神を知りたいと思いませんか。あなたの人生を、恋愛も神に導いてほしいと思いませんか。あなたも信仰をもって、祈ることによって、イエスを受け入れることができます。祈りとは、神に話しかけることです。神はあなたの心をご存じです。あなたが話す言葉以上に、神はあなたの心に関心があります。次のように祈ることで、イエスを受け入れることができます。

「イエスさま、あなたを必要としています。私の罪のために十字架についてくださり、ありがとうございます。今、私の心の扉を開き、あなたを私の救い主、人生の導き手として受け入れます。私の罪をゆるし、永遠のいのちを与えてくださり、ありがとうございます。私の人生を導き、あなたが望んでおられるような者に、私を変えてください。」

この祈りはあなたの願いを表していますか。もしそうならば、今この祈りを祈ってください。

イエスを信じると、聖書の約束の通りに、イエスがあなたの人生に来てくれます。イエスを信じるとき、イエスとの関係が始まります。あなたがイエスをさらに知り、イエスとの関係は親しいものになります。イエスを人生の中心にすると、あなたの人生はまったく新しいものに変えられます。人間関係も調和のとれた、充実したものに変えられます。

神の愛を知り、体験すると、相手を神の愛で愛せるようになります。神の愛が、2人の関係をより深い「一体感」のレベルへと導くように、お祈りいたします。

 イエスを信じました。成長の助けになる情報はこちらから
 イエスを信じたいです。さらに詳しく教えてください
 質問や意見があります

© Richard Purnell.

脚注:
(1) 1コリンと13:4-7「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、苛立たず、人がした悪を心に留めず、不正を喜ばず、真理を喜びます。すべてを耐え、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを忍びます。

(2) エレミヤ31:3 (3) ヨハネ3:16 (4) 1ヨハネ1:9 (5) ヨハネ1:12 (6) ヨハネ3:36

執筆者紹介
ディック・プルーデルは、全米450を越える大学で講演活動を行なっている。“Becoming a Friend and Lover”, “Free to Love Again—Coming to Terms with Sexual Regret”など12冊の著作を発表している。


他の人にシェアする
LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More