×
検索
EveryPerson.com
人生について、神について
 安心して質問できる場所
関係

妊娠中絶 選択の狭間で

望まない妊娠をした女性は、中絶すべきかの決断に迫られてます。生命に関わる判断をするとき、神はどのように助けてくれるのでしょうか。

LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More PDF

-望まない妊娠をした女性の多くは、心に葛藤を覚えながら、中絶に関する情報をネットで検索します。その中には「中絶は女性の権利」と主張するものもあれば、中絶に反対する記事もあります。限られた情報の中で、多くの女性がこの厳しい現実への判断を迫られるのです。

中絶が社会的に受け入られる行為であっても、その決断の背後には一人の女性の重く、精神的に押しつぶされるような決断があるのです。 中絶をするのか、あるいは子どもを産んで育てるのか、それとも特別養子縁組の手続きを取るのか、どの決断を下すにしても、言いようもない心の痛みを感じるものです。

しかし、ネット検索では見つけられない真実があります。その真実とは、神は痛みと混乱の中でも、あなたを支えているという事実です。こんな苦しい立場に追い込まれるとき、いったい神は何をしているのか。私のことをどう思っているのか。こう考えることでしょう。そんな皆さんに知ってほしいことがあります。神はあなたを決して見放しているわけではありません。

中絶すべきかの判断の中、神は解決の鍵を用意しています。私たちが神に助けを求めるとき、神はこの困難を有益なものに変えることができるのです。

もしあなたが中絶を考えているなら、ぜひこの聖書の言葉に耳を傾けてください。「主は情け深く、あわれみ深く、怒るにおそく、恵みに富んでおられます。主はすべてのものにいつくしみ深く、そのあわれみは、造られたすべてのものの上にあります。」※1

「主はすべてのものにいつくしみ深い」と書かれています。神はご自分が創造したすべての人をあわれんでいます。赤ちゃんを宿したお母さんにも、またお腹の中の赤ちゃんにも、神は最善の計画を持っています。

女性が望まない妊娠をして、中絶すべきか悩む時、追い詰められ、孤独に感じます。自分の将来のために中絶する選択するのか、お腹の赤ちゃんのために出産を選ぶのか、確かに二者択一の選択です。

聖書を読むと、神はすべての人にあわれみ深いと書かれています。もし神が本当にお腹の赤ちゃんにも、お母さんにもあわれみ深いのなら、神にはもう一つ別の方法があるはずです。

聖書の中で、神は「殺してはならない」と語っています。もしあるお母さんが中絶の代わりに子どもを生むことを決心するなら、そのお母さんが自分の手で育てるにしても、特別養子縁組をするにしても、神は赤ちゃんが育つ環境を備えてくれます。神は、神を求める人を助けてくれます。

聖書にはこう書かれています。「すべての目は、あなたを待ち望んでいます。あなたは時にかなって、彼らに食物を与えられます。あなたは御手を開き、すべての生けるものの願いを満たされます。」※2

神に従う人々の必要を、神ご自身が満たしてくれます。中絶に関するどのネット記事にも書かれてはいませんが、聖書が語るこの言葉に目を留めてください。「主を呼び求めるものすべて、まことをもって主を呼び求めるものすべてに主は近くあられる。また主を恐れるものの願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。」※3

主を恐れるとは、神を「畏れ敬う」という意味です。神を「畏れる」生き方とは、神の存在を認め、生活のあらゆる面で、神を第一に生きる生き方のことです。当然、お腹の中の赤ちゃんも、神にゆだねます。神は、神を「畏れる」者の願いをかなえ、またその叫びを聞き、救うことができるのです。

もし望まない妊娠をした女性が神を求め、また神に従う決心をするなら、神はそのような女性を助けることができます。どのような人であっても、神には助ける力があるのです。「主の目は義人の上に注がれ、主の耳は彼らの祈りに傾けられる。」※4

正しいことをするのは、時にとても勇気のいることです。すべての決断、努力、また将来のすべてが私の肩にかかっているとしたら、そのプレッシャーは耐えられないほどのものです。

しかし神は、私たちが一人ぼっちではないことを教えています。中絶に関するどのネット記事にも、この神の助けについては書いていません。

神が私たちとともにいることは、事実です。神はすべてを知っており、すべてを実行することができる方です。

「神は高ぶるものに敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くした下さるためです。あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」※5

中絶の是非を問う議論の中で、私たちが覚えておくべきことは、神が今ここにいるという事実です。望まない妊娠をした、苦しみの中にある女性が、神のもとに帰り、神の助けを得ることを、神は望んでいます。

もしあなたが中絶すべきかの判断に迫られているなら、ぜひ知ってください。あなたが、神のもとに行くなら、神はがあなたを助け、あなたとお腹の赤ちゃんの必要をすべて満たしてくれます。

あなたは神との個人的な関係を持っていますか。もしイエスを個人的に知りたい方は、こちらのページをご覧ください。
https://www.studentinjapan.com/a/con1.html

こちらの記事もご覧ください。
https://www.studentinjapan.com/a/why.html

思わぬ妊娠で悩む方はこちらをご覧ください。(外部サイト)
https://barehope.org/m01.html

 イエス・キリストとの個人的な関係を持つには
 質問や意見があります

脚注: (1) 詩篇145:8-9 (2) 詩篇145:15-16 (3) 詩篇145:18-19 (4) 1ペテロ3:12 (5) 1ペテロ5:5-7


他の人にシェアする
LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More