×
検索
EveryPerson.com
人生について、神について
 安心して質問できる場所
人生の疑問質問

生きる目的とは?

生きる目的を知るとき、人生はさらに意味あるものとなります。

LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More PDF

ここに新品のトンカチがあるとします。トンカチは釘を打つためにデザインされ、その目的で作られたのです。このトンカチが、新品のまま道具箱に置かれました。

トンカチは来る日も来る日も、道具箱に置かれたままでした。道具箱で他の工具たちと過ごすのは楽しいけど、なぜ自分がここにいるのか、トンカチにはわかりませんでした。何か物足りないと思っていました。

ある日、トンカチは道具箱から取り出され、暖炉にくめる焚き木を砕くのに使われました。トンカチはウキウキしました。トンカチの柄が人の手に強く握られ、薪を打ち砕きます。用いてもらえて、トンカチはうれしかったのです。しかし1日の終わり、トンカチの心はなぜかしっくりきません。確かに薪を打つのは楽しいものでした。でも何か物足りなかったのです。

翌日も、トンカチは道具箱から取り出されました。この日は車のタイヤのハブキャップの凹みを直しました。次の日は石膏ボートをたたくのに用いられました。テーブルの脚も取り付けました。しかし何か満たされない。トンカチはもっと役に立ちたいと願いました。何でもたたけるし、何でも壊せる。粉々にし、くぼみを作ることもできる。できることは何でも引き受けたけど、どこか満足できない。達成感を感じないこの気持ちを、どう解決したらいいのでしょうか。

ある日、トンカチは釘を打つことに用いられました。突然、トンカチの心に火がついたのです。「これだったんだ!」「俺はこのために存在しているんだ!」トンカチは釘を打つ目的で作られたのです。他の何を打っても、釘を打つことに比べたら、しっくり来ないのです。今やトンカチがずっと求めていた生きる目的を発見したのです。

私たち人間は、神のかたちに創造されました※1。人は何らかの「関係」が必要な存在として造られたのです。だれかと「関係」を築くことで、人は心の究極的な必要を満たすことができます。たとえ多くの経験をしたとしても、神を知らなければ、問題の本質を解決することはないのです。たとえ何か崇高な目標を達成できたとしても、その目標があなたの生きる目的でないのなら、最高の達成感を得ることはないのです。

アウグスティヌス※2はこう語りました。「神は、神ご自身のために、私たち人間を造ったのです。神のうちに憩うまでは、私たちの心は安らぎを得ません」※3

神との関係だけが、私たちの心の渇望を満たすのです。イエス・キリストはこう語っています。「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません」※4。神を知るまで、人生には飢えと渇きがあります。あらゆることを試し、人生の飢えと渇きを満たそうと頑張ります。それでも、どこか満たされない空虚さが残るのです。

私たちも先ほどのトンカチのような存在です。人生の虚しさ、不完全燃焼な感覚を、どう解決したらいいのか、自分でもわからないのです。

ナチス・ドイツの強制収容所の中でコーリー・テン・ブーン※5は、神だけが心の渇望をすべて満たす存在であることを発見しました。「私たちはキリストとともに神のうちに隠されているのです。このことを知ることが幸福の基盤です。最悪な暗闇よりも、力強い岩である神、この神の愛に信頼を置くのです」。

私たちの人生から神を閉め出すと、神以外のもので充足感を得ようと、努力するものです。しかし神以外では、私たちの心を完全に満足させるものはありません。人生を充実させるため、いろいろ試すと「もっと」何かをやらなければならないと考えるものです。しかし、いくら頑張っても、決して心は満足しないのです。

私たちの最大の必要は神を知ることです。また神との関係を持つことです。なぜなら、私たちは神との関係を持つようにデザインされているからです。トンカチは釘を打つという本来のデザインを発見しました。あなたは生きる目的を見つけましたか?あなた固有のデザインに生きているでしょうか?あなたのデザインを明らかにするのが、あなたを創造した神なのです。

 質問があります。
 イエス・キリストとの個人的な関係を持つには

※1 創世記1:27

※2 アウグスティヌス(354-430年)は北アフリカ出身の神学者。386年イタリヤのミラノで回心。391年に北アフリカのヒッポの司祭となる。著書に398年に記した自伝『告白』、410年に記した全22巻の『神の国』がある。

※3 邦訳アウグスティヌス著, 宮谷宣史訳, 『告白録(上)』pp.19-20, アウグスティヌス著作集 第五巻, 教文館にあたる。

※4 ヨハネ6:35

※5 コーリー・テン・ブーン(1892-1983年)は第二次大戦中、多くのユダヤ人をナチス・ドイツから助けたオランダ人クリスチャン。ユダヤ人を助けたことから一家で逮捕され、ドイツ北部の強制収容所に収監される。一家が収容所で殺される中、コーリーだけが奇跡的に釈放された。収容所での体験を綴った共著、邦訳『わたしの隠れ場』いのちのことば社, 1975年 は、のちに映画化もされている。


他の人にシェアする
LINE Share Twitter Share Facebook Share Share by Email More